試験に受かるユダヤ式記憶術(松平勝男)は詐欺?【効果・ネタバレ】

試験に受かるユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、

理解しながら記憶していく方法です。

試験に役立つ実用的な記憶術があなたのものに!!

モニター読者募集していますので、くわしくは公式サイトをご覧ください!(^^)!

 

試験に受かるユダヤ式記憶術

もともとヨーロッパでルネサンス期に開発され、ある理由により日本では詳しく紹介されて

こなかった方法。

それが、ユダヤ式記憶術という方法論です。

ユダヤ式記憶術は、瞬間記憶術とは一線を画す方法で、一度身につければずっと使えます。

 

ユダヤ式記憶術が強い武器になる理由

① 長期間忘れない方法

② 思い出すのに強い方法

③ 才能が必要ない方法

試験勉強は長期戦。

覚えたことをいかに長期間頭の中に保持できるかが重要ですね。

ユダヤ式記憶術なら長期間の記憶が可能になります。

その理由は、知識を真に体系化する方法だからです。

“時系列や順番はどうなっているか、

原因と結果は何か、前後関係は何か、前提条件は何か、

対応関係(対立関係)は何か、均衡状態があるか、発展関係が存在するか・・・“

といった知識同士の関係付けをし、秩序立てて整理する。

理屈の無いことは短期間で必ず忘れます。

理屈があり、理解できたことは、長期間覚えていることができます。

ユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、

理解しながら記憶していく方法です。

ユダヤ式記憶術で使う体系化の図式は一種類でよいのです。

一つの図式を覚えておけばよいので長期間でも忘れることがありません。

ユダヤ式記憶術では、覚える事柄同士に意味のつながり(理屈)を持たせて覚えていきます。

そして、ユダヤ式記憶術の図式は“思い出すきっかけ”をたくさん持っている、

“抜けなく思い出せる図式”になっています。

その体系化の方法の中に、様々な“思い出すきっかけ”が頭に入る仕掛けがあるのです。

だから、ユダヤ式記憶術は思い出すのに強い方法なのです。

ユダヤ式記憶術を使うために、右脳を使う瞬間記憶術のように“ある種の才能”は必要ありません。

普段私たちがよく使っている左脳(論理脳)を十分に活用する方法論だからです。

ある程度論理力が発達している人であれば使える方法論であります。

ユダヤ式記憶術は、試験勉強にぴったりの方法論ですね!(^^)!

今までの記憶術が、試験勉強に向いていない理由

記憶の3つの要素

①頭に入れる(インプット)

②頭の中で保持する

③頭から取り出す(アウトプット)

ユダヤ式記憶術の威力

①試験に合格するだけでなく、社会で活躍できる方法

②自分に自信を持てる

③仕事で武器になる方法

ユダヤ式記憶術の方法論に興味がある方のために、一冊の本に教材としてまとめ、

ユダヤ式記憶術を詳しく解説するだけでなく、

松平勝男さんが実際に使ってみて役に立った記憶法や勉強法、さらに試験合格術まで余すことなく詰め込まれてるのが、

試験に受かるユダヤ式記憶術です。

この記憶術はこのような試験、学習に有効になっています。

入学試験

中学受験・高校受験・大学受験

資格試験

・「法律系資格」
(行政書士、社会保険労務士、司法書士、司法試験、宅建、税理士、公認会計士・・・etc)

・「IT系資格」

・「医療系資格」「福祉・介護系資格」

その他、体系的知識が必要な “難関”国家資格/民間資格

語学

・英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、中国語、韓国語・・・etc

検定試験

・英検、TOEIC、TOEFL、漢字検定、日本史、世界史、数学・・・etc

 

ユダヤ式記憶術の内容

ユダヤ式記憶術の教材の内容の一部をネタバレします。

ユダヤ式記憶術

ユダヤ教のカバラ思想を発祥とする「生命の樹」。

その体系図が、記憶のための様々な体系化図式の中で最も優れている理由。

ユダヤ式記憶術(生命の樹)を使い、全ての分野の知識を抜け無く記憶し、思い出す方法。

生命の樹に言葉をあてはめるだけで、歴史の流れや、歴史の崩壊過程が自然に説明できてしまう

神秘性について。

ユダヤ式記憶術の図式を、勉強に使う実例解説(中国史、江戸時代、ITなど)。

「生命の樹」をインデックス(索引、見出し)に使い、多くの用語を覚える方法。

「生命の樹」を“経営”や“マネジメントサイクル”に例えて理解する。

「生命の樹」を “フックの方法” “位置の方法” “ペグ法” に使うやり方。

ユダヤ式記憶術(生命の樹)が、中世の研究者レイモンドス・ルルスが行っていた

“偉大なる作業(*いろいろな概念や学説を相互に結び付けて、論理的に構成する)”を

自動的に行える力を持っている理由

大学院時代に修士論文を作成する際、どのようにユダヤ式記憶術の体系図を使ったか。

知識を体系化する方法の検証。

“イメージツリー” “PMBOK” “ダイヤモンド・マンダラ・マトリクス”

“(歴史における)人、時代、政治・経済・文化” ・・・内容と問題点について。

・・・勉強に使える最も優秀な体系化の方法とは?

自分で「生命の樹を育てる」方法

思い出す力をさらに伸ばす秘訣

「アウトプットメモ」を使って頭の中に自分だけの参考書を作る方法。

「アウトプットメモ」で知識の体系化を行い、知識の定着を確かなものにする方法。

寝ている間に見る「夢」を使って、思い出す力をさらに伸ばす方法。

前頭葉をフルに使って「思い出す」具体的な方法論。

“神父”―“教会美術”―“思い出す”・・・その意外な関係とは?

左脳と右脳をバランスよく使うため、ストーリー、映像などの右脳情報を効果的に使う

具体的な方法。

記憶するとき、思い出すときの複合動作の重要性。

宗教家や哲学者が沢山の書物を暗唱できた秘密。

試験に使えるさまざまな記憶術

覚えにくい「用語」を覚える方法。あの手この手を使って覚えるコツ。

“覚える気にならない”“興味が持てない”という心理的な抵抗を無くす方法。

「複数の用語」をまとめて記憶する方法。

「年号・数値」を記憶する方法。

不要なものを切り捨てる重要性と派生事項を覚える際の留意点。

天才アインシュタイン(ユダヤ人)いわく「想像は知識よりも重要である」。

・・・よい語呂合わせに兼ね備えるべき3つの条件。

位置関係を記憶するために“理屈”を使う方法。

全く頭に入らなかった地理を覚えられた方法。

「文字化されない情報」や「数値化されない情報」の覚え方をどうするか?

歴史の用語集を読んで頭に入らなくても)映画、ドラマ、小説を利用して

情報を頭に入れ、キーワードを覚えこむ方法。

試験対策と記憶術

明日の試験をパスするための具体的戦術と最適な記憶術。

「資格試験」などで短期決戦の場合、過去問の最も効果的な使い方とやってはいけない使い方。

短期決戦の人の「カンニングペーパー作り」の大きな効果。

資格試験でも入学試験でも、定評ある本を一冊使い、

体系を頭に入れる方法。 知識が頭の中からこぼれ落ちない方法。

大学受験における英語の過去問の使い方。

語彙力が足りないと感じている人は、過去問をこう使って必要十分な単語力を付けられる。

山川出版社の教科書と入試問題の作成基準。

複数の外国語を同時並行で勉強しても、

混乱せずに知識をどんどん頭の中に入れられる方法。

“長文読解問題のストーリー(内容)が頭に残らず時間切れになってしまう悩みがある場合”

・・・読解力を付ける本質的方法と、テクニックで長文を頭に定着させる方法。

東大生に「美しいノート」は、実際は少ない。

試験で満点が狙えるノート術とは?

英単語(外国語の語彙)を増やすときの2つのステップ。

英文法に関して多くの人が誤解していること、英文法に取り組む際の留意点。

英語の構文を覚える際の参考書の選び方。

漢字の実力を付ける3つのポイントと試験対策としてのテクニック。

・・・etc

司法試験をはじめ難関国家試験や

東京六大学クラスの難関大学受験の対策に抜群の効果。

難解な事項もスラスラと覚えられる全く新しい方法に興味はありませんか?

 

松平勝男さんのプロフィール

【学歴】

東京大学 法学部卒業(法学士)

東京大学 大学院 法学政治学研究科修士課程 修了(法学修士)

東京大学 法学部(文科Ⅰ類)に合格し、その後、

東京大学 大学院(法学政治学研究科)にも合格し、その後修士号を取得。

【取得資格】

ITコーディネータ

システム監査技術者

システムアナリスト

プロジェクトマネージャ

個人情報保護士

漢字能力検定1級

国連英検A級

数学能力検定(TOMAC)最上級

他多数

社会人になってからは、

合格率が10%程度の難関と言われる資格試験を毎年いくつも受け一発で合格。

さらに、フランス語や中国語やエスペラント語をはじめ、今では約40ヶ国語を話すことができる。

【主な活動歴】

東京大学大学院での研究の傍ら、進学塾・予備校での英語科及び世界史・日本史講師として難関大学への合格者を多数輩出する。

2008年ごろより自らの経験に基づき、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語などの学習書、

資格試験取得マニュアルにて研究成果の発表に着手する。

現在 某大手上場企業に在職中。

目下、プロジェクトマネジメントの観点からの一般的学習法、類似言語体系に属する言語の比較学習法の開発、

比較法制度史研究を会社勤務の傍らライフワークとして行っている。

何かを覚えるための方法“記憶術”

記憶術には様々なタイプの方法があり、なかには試験で使うと抜群の効果を発揮できる方法もあります。

そこで、試験勉強にきわめて役立つことを松平勝男さんご自身が実証してきた方法を公開しています。

その方法が、“ユダヤ式記憶術”という方法論です。

この試験に受かるユダヤ式記憶術は、覚えることに悩んでいたり、

効果的な暗記の仕方を誤解している受験生の方々の解決法となることでしょう。

教材には、あなたの“覚えるチカラ”“思い出すチカラ”が、

読むだけで倍増するヒントが一杯詰め込まれています。

くわしくはこちらをご覧ください

 

松平勝男さんは、予備校で三千人ほどの生徒に教えてきて、

受験生には、インプットする(頭に入れる)よりも

思い出すこと(アウトプット)ができない人が多いということを実感。

そして

ある知識と他の知識の間にあるべき“関係性についての理解”が抜けているということ

がわかりました。

もう少し広く言うと、体系化された知識が頭に入っていなかったのです。

これは重要な問題で、知識同士の関係性、さらに体系的な知識が頭に入っていなければ、

関係性などを問う問題に答えられないだけでなく、

そもそも何かを「思い出す」ことも難しくなるからです。

「思い出すこと(アウトプット)ができない人が多い」と

「体系化された知識が頭に入っていない」ことは、

実は密接な関係があるのです。

松平勝男さんご自身、記憶術は様々な手法を実際に使って、

記憶術が大いに役に立ってきました。

なかでも、ユダヤ教のカバラ思想やヘルメス学の影響を受けた

記憶術(以後「ユダヤ式記憶術」)は、大変強力な武器になったといいます。

日本ではまだ記憶術として紹介されていない方法論ですが、

“何かを覚える”ことに関してポイント

「思い出す」「体系化された知識」「理屈が必要」

どれをとっても、全てを満たすパーフェクトな方法なんです。

教材の中では、ユダヤ式記憶術の他にもいろいろな方法を紹介していますが、

それらのほとんどは読んだその日から使ってみて効果があらわれる方法になっています。

まずは、記憶するのに一番合理的でラクな方法(=“王道の方法”)を使って

目の前の試験をクリアしてください。

その最も強力な方法が、ユダヤ教のカバラ思想を発祥とする図式を使うユダヤ式記憶術だと思っています。

そして、

もちろん記憶術を使って試験に合格することは大事だけど、

その後、社会で活躍することが最も大事であるのではないでしょうか?

ユダヤ式記憶術の方法論で、一生使える武器をあなたも手に入れてください!(^^)!